前へ
次へ

幼児のうちから歯科医院に通いたい

子供の歯は、大人に比べるとエナメル質が薄いので、虫歯に罹りやすい傾向があります。
幼児の頃は、親御さんが歯磨きをしていますが、子供の虫歯は白っぽいので、見落としてしまうことが多いです。
乳歯を虫歯から守るためには、小児歯科に通うことが大事です。
子供の扱いに慣れているスタッフが在籍をしています。
なるべく歯を削ったり、抜かない治療を心掛けています。
早期に虫歯を発見することで、体に負担の少ない治療が受けられます。
歯質の弱い子供は、丁寧にブラッシングをしていても、虫歯が出来やすい傾向があります。
フッ素は虫歯菌から、酸を発生するのを抑える効果があります。
歯にフッ素を塗ることで、歯質を強化して虫歯に罹りにくくします。
歯並びが良くないと、歯垢が付きやすいので、歯列矯正を勧めることもあります。
幼児のうちから、治療を始めるとワイヤーや留め具が必要ないこともあります。
専用のマウスピースを使った治療が受けられます。

Page Top