前へ
次へ

虫歯や歯周病は予防が大切な病気です

虫歯や歯周病は、初期段階では自覚症状が少なく、少しずつ進行する病気です。
大切な歯を守るためには、予防歯科の診療を受けるのがお勧めです。
初期虫歯はエナメル質が溶けている状態ですが、再石灰化をすることもあります。
予防歯科のクリニックでは、フッ素を歯に塗ることで、再石灰化を促すことが出来ます。
象牙質に虫歯が進行している場合は、歯を削る必要があります。
銀歯に抵抗がある場合は、セラミックやレジンなどの目立ちにくい詰め物もあります。
歯周病は歯垢に含まれている細菌が原因の病気です。
歯茎に炎症を起こしたり、大切な歯槽骨を溶かしてしまいます。
放置をすると進行してしまい、歯がグラグラしたり、抜けたり、折れたりすることがあります。
状態の悪い歯を放置しておくと、他の歯に悪い影響を与えてしまいます。
歯科医院では抜歯を行った後に、義歯を使った治療を行います。
保険適用で治療を受けたい場合は、ブリッジや部分入れ歯を選択することが出来ます。
両端の歯が健康な場合は、土台にすることが出来ます。

Page Top